手の届かない部位の脱毛は除毛剤の力無しには考えられず

十分に視界に入り手が届く部位にあるムダ毛であれば、自分なりに工夫して何とか除毛や脱毛は出来ますよね。

ですがそもそも視界の外にあるムダ毛に関しては余程の事が無ければ気にする事も無く、ある時それらが偶然見え、手入れしている部位との差にビックリさせられる事があるもの。

私の場合、肩口から背中にかけて、あるいは二の腕の真裏の部位は普段全く目の届かない部位。死角という事もあって、数カ月以上放置した後で合わせ鏡を見てビックリし、慌てて対策を立てるというパターンが多いのです。

対処法としては、以前は手に除毛剤を付け何とか背中に回し、塗れる範囲全てに満遍なく塗るという方法を取っていましたが、身体の硬い私にとってはかなりの重労働。もちろん届かない範囲も多く、軽く手の届く二の腕の裏とは違って中々効率良い脱毛は出来ないものでした。

現在では長めで危険な刃先を持たないナイフやヘラ、緊急時には固めのボディウォッシュ用タオルを用いて手の届かない部位にまで除毛剤を届け、比較的満足ゆく脱毛が出来る様になりました。

除毛剤の良いところは、ターゲットの部位に塗ってしばらく放置すれば、あとは水やお湯を流すだけで脱毛が完了するという手間要らずな部分。手の届かない部位には決して欠かす事が出来ないアイテムなのです。
ニコルの脱毛チェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です