次の現場での対応

今やっているプロジェクトが凍結し、新しい現場でまた働く事になる。ただ次の現場となる場所が既に後輩が居て、後参加でありながら彼らを引っ張っていく立場になりそうだ。

俺は3年以上、プログラマーとして働いているが、正直人に指導できるほどの実力を持っているわけではないと思える。人を指導する以上、何かしら教えられる立場にないといけないが、javaの体験はほぼ初体験である上、プロジェクトの管理について中途半端な状態だ。なぜ3年もの月日を経験しておきながら、人に教えられる程の知識が身についていないのか?ITを指導された先輩を振り返ってみると、もはやこれが正しいと自信を持って取り組んでいた。先輩ならではの経験からくる自信ってやつだ。俺にはそれがない。更にはjavaとなるとプログラムのfunctionやループの数を減らすなど、構文やプログラムならではの理解が必要だ。これは数をこなさないと身につかないモノだと思うし、扱うシステムによってどのようなデータ処理を行わないといけないのか、ある程度頭の中で考えられるようにならないといけない。プログラムの機能的な単語も頭の中に入れないといけないし、それを現場でスラスラ言えないと信用を得る事は難しい。だが社会人3年目の人がそんな基本的な事を理解し、かつ業務に支障が出ない程の仕事が出来るのか?と聞かれるとそれは違うと思う。どちらかと言えば、手探りの状態で物事を遂行し、かつコミュニケーションを円滑にし、そして出来る限りの手を尽くす。これが本来目指すべき姿だろう。部下を持つと考えたが、自分の方が年上、経験が長いとはいえ、偉そうにしてはいけない。相手も自分と同じ仲間である以上、対等な立場でいないといけない。となると先ず自分が出来る手について考えるべきだろう。改めて次の現場の業務内容を調べ、そして必要とされるプログラムとはどういうモノなのかを想像し、考えられる手を打っておく。この3連休はその手について考えて過ごすとしよう。
キレイモの口コミをチェックしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です