求職中の保育園探し

現在、私の住んでいる市では来年度の保育園入園の申し込みの真っ最中です。全国でも有数の激戦区だけあって、まず書類を役所に提出するだけでも1時間近く待ちました。

締め切り前には3時間ほど待たされるそうです。赤ちゃんを抱えての待ち時間はかなりきついですよね…。いつになったら働きたいママは希望すれば皆保育園に子供を預けられるようになるのでしょうか。

今週の読売新聞の生活面に保活についての連載が4回ありましたが、読んでいて「うんうん」とうなずかされたり、「えーここまでやるのか」と驚かされたりしました。

まず、「保活」という言葉が生まれてしまう現状が悲しいですよね。大きなおなかを抱えながら妊娠中に保育園を見学しなきゃいけなかったり、入園のために出産予定日を4月にするように妊娠計画を立てたり。

中には帝王切開で産む日をずらす人までいるというから驚きです。ただでさえ、産後は慣れない育児に追われ、体力的にも精神的にも苦しい状況です。

記事にもありましたが、そんな中で保育園探しもしなければならないなんて本当に大変なんです。

私は求職中のため、保育園に預けられる可能性はほぼないです。求職中は働いているママに比べて入園のためのポイントが著しく低いためです。でも求職中だって保育園を必要としている人はいっぱいいます。

妊娠でやむなく仕事を辞めた人だって多いはずです。

「1億総活躍社会」を目指すなら、働きたいママを働かせてくれ!と叫びたいです。
全身脱毛の口コミはキレイモでチェックだぜ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です